TOP > 傷害保険 > 保険金内容について
所属の老人クラブを通して、1年中いつでも加入できます。「傷害保険」 保険金内容について
24時間型
クラブ活動中(往復途上(注1)を含む)・クラブ活動中以外を問わず
日常生活全般(24時間)のケガを補償します。


【補償額】上段:活動中のケガの補償額 / 下段:(活動中以外のケガの補償額)
1名あたりの年間掛金 12,000 8,000 5,000 3,500
A 死亡保険金 308万円
(138万円)
181万円
(96万円)
167万円
(82万円)
103万円
(58万円)
B 後遺障害保険金注2
308万円
(138万円)
181万円
(96万円)
167万円
(82万円)
103万円
(58万円)
C 入院保険金日額注3
(1事故につき 30日限度)
6,150
(2,150円)
3,150
(1,150円)
3,000
(1,000円)
1,800
(800円)
D 通院保険金日額
(1事故につき 30日限度)
3,700
(1,500円)
2,050
(750円)
1,900
(600円)
1,100
(450円)
特定感染症危険補償注4
(新型コロナウイルス感染も含む)
B C D
(注5)
個人賠償責任補償注6
(自転車事故も含む)
1億円限度 - -
地震・噴火・津波注7
危険補償
A B C D
(注5)
- -
熱中症注8
危険補償
A B C D
(注5)
- - -



活 動 型 
クラブ活動中(往復途上(注1)を含む)の ケガを補償します。

年間掛金 1,000 500
死 亡
保険金
85万円
45万円
後遺障害注2
保険金
85万円
45万円
入院保険金注3日額
(1事故につき 30日限度)
2,000
1,000
通院保険金日額
(1事故につき
30日限度)
1,300
650


【クラブ活動中とは】
@「所属する単位クラブが予め計画・実施する活動」および
A「市区町村(地区・ 校区)から全国までの各連合会が主催する活動イベント」ならびに
B「老人クラ ブ関係者として他団体の活動」への参加・往復途上を含みます。
C事故証明者:単位クラブ関係者、参加した主催老連関係者

【保証内容(保険金額)について】
保証内容のうち上段は老人クラブ活動中のケガの補償額、下段()内は老人クラブ活動中以外のケガの補償額です。

【重要】

(注1) 往復途上とは、自宅(マンション、アパートなどの集合住宅は専用部、戸建ては敷地を含む)を出てから、クラブ活動場所までの通常経路を指します。
(注2) 後遺障害保険金は、死亡保険金の補償額の内枠となります。後遺障害の程度に応じて、後遺障害保険金の4%〜100%が支払われます。2021年4月始期契約より、全タイプで後遺障害保険金が対象となりました。
(注3) 手術保険金として、入院中は入院保険金日額の10倍、外来(入院中以外)は5倍がお支払対象となります。
(注4) 特定感染症危険補償特約。2021年4月始期契約より全タイプに追加となりました。新型コロナウイルス感染症を含む特定感染症(※)を発病した場合に、後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金について(除く死亡保険金、手術保険金)補償の対象となります。ただし、新型コロナウイルス感染症については、2021年4月1日時点となります。今後の政令によって変更となる可能性があります。
(※)感染症予防法に規定する一類感染症、二類感染症、三類感染症を言います。
(注5) 地震・噴火・津波危険補償、特定感染症、熱中症危険補償は24時間補償の対象となります。ただし補償額は死亡保険金(除く特定感染症補償)、後遺障害保険金、入院保険金日額、通院保険金日額の下段( )の補償額(活動中以外)となります。
(注6) 1事故について1億円を限度に保険金をお支払いします。個人賠償責任補償の範囲に限り、加入者のほか、加入者の配偶者や同居の親族(子供や孫等)が起こした事故も補償の対象となります。なお、自動車等を運転中に生じた事故については対象外となります。
(注7) 天災危険補償特約。「地震もしくは噴火またはこれらによる津波」によってケガをされた場合に補償の対象となります。
(注8) 熱中症危険補償では、医師の診断によって熱中症となった場合に補償の対象となります。